12月読書会報告

(12月読書会)
スティーブ・ジョブズⅠ・Ⅱ→ウィルター・アイザックリン
ひなた弁当→山本甲士
OUT上下→桐野夏生
つらい時は「やってらんな~い」て叫べばいいのよ→水無昭善
日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学→小熊英二
レンタルなんもしない人のなんもしなかった話→レンタルなんもしない人
ベルサイユのばら 完全版→池田理代子
おおかみと七ひきのこやぎ→フェリクス・ホフマン 絵 /せた ていじ 訳

(感想)
今年最後の読書会は、参加者7名でした。そのため発表者、参加者の話しをじっくり聞くことができました。個人的に印象に残ってるのは、レンタルなんもしない人の話です。その仕事は、引っ越しを見送る仕事、食べ放題のごはんを食べるのを見守る仕事のような見守ることを依頼されるのが多くあるそうです。その話を通して大人も見守られことを求めているのが発見でした。保育士をしてると今やってることを子どもに見ててと言われるので、誰かに見守ってて欲しいのは、人間の生涯に関わることだと学びにもなりました。今年も本を通して、たくさんのことを学ぶことができました。ご参加いただいたみなさんありがとうございます。稚拙なところもあったと思いますが、来年も同じように本を通して学び、本を通して繋がる場を作れたらと考えています。よろしくお願いします。

DSC_1655