11月読書会報告

(11月読書会)
十二国記シリーズ→小野不由美
山で元気に!田部井淳子の登山入門→田部井淳子
未来の稼ぎ方→坂口孝則
走ることについて語るときに僕の語ること→村上春樹
買わない習慣→金子由起子
豆の上で眠る→湊かなえ
おおきなかぶ→A.トルストイ 内田莉莎子訳 佐藤忠良画

(感想)
今日の読書会は新規と常連の方がちょうど半々にかるバランスの良い会になりました。特に印象に残っているのは、人気シリーズ作品の話です。その話の中で、100年以上続く国のターニングポイントは、50年目が鍵になるという部分です。戦後70年の日本は、100年目をどんなふうに迎えるのだろうか?現実のターニングポイントはどこにあるかわからないけど、いろんな課題はあるかもしれないけど、平和が続く国であって欲しい、、、そんなことを思った読書会でした。今日もありがとうございました。またみなさんのご参加お待ちしております。

DSC_1548