3月読書会

(2月読書会)
生き方 人間として一番大切なこと→稲盛和夫
ブスのマーケティング戦略→田村麻美
インバウンド実務主任者検定 公式過去問題集→一般財団情報学習振興協会
家族シアター→辻村深月
断片的なものの社会学→岸政彦
Q&A→恩田陸
チョコレートコスモス→恩田陸
図書館の魔女(上・下)・烏の伝言→高田大介
明日はいずこの空の下→上橋菜穂子
とんがり帽子のアトリエ→白橋鴎
下町ロケット ガウディ計画→池井戸潤

(感想)
今回も多岐に渡る本の紹介がありました。印象に残ったのは、有名な小説家は、読み手に様々なことを感じさせ、その人独自の解釈を持たせる点です。具体的には恩田陸、池井戸潤の紹介になったとき、読んだ人たちによって良し悪しが別れたり、面白さが共通してた点です。そういういろいろなことを考えさせる、感じさせる余地を作る、、、そこに小説を読む面白さがあるように感じました。またみなさんといろいろな考えを共有できたらと思います。次回もよろしくお願いします。

東京読書会HONTOMOグループ

DSC_0689